スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『頤和園』

yiheyuan.jpg公開から約一ヶ月、やっと観て来ました。

当局の検閲を無視し、カンヌ映画祭に出品され話題になった中国映画。
大陸では上映禁止ですって。
おまけに、監督は5年間(2006年から)の作製禁止処分とは。
なんとも厳しい処分だな。

邦題は『天安門、恋人たち』ですが
天安門事件をメインに書いてあるワケではないよ。
↑事件の後のそれぞれの人生を描いているっぽい。
しかし、みんなでトラックに乗って天安門に向かうシーンは
何故だか涙が流れたよ。自分でもなんで泣けたかわからんが。

内容は簡単にいうと、
激動の時代(天安門事件~)に出逢った一組の男女の恋愛模様を
1980年代後半~2000年前半に掛けて描いた物語。

全体的に人物描写をあえて深く掘り下げず、
その代わり背景でうまく感情を表現してるなーと思った。
特に最後、二人再会し海辺を歩くシーンなんて、会話なんてないけれど
荒れ狂う大海原の映像で、なんとも表現しがたい心情を表してる。
ま、感じ方は人それぞれですがね。

個人的には好きな映画です

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。