スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『送行者』

px_fojp3106923806.jpg先にひとりで観にいかないように!とクギを刺されていたので
ちょっと遅くなったけど観てきました。

なんとも日本人らしい映画ですね。
納棺の際の所作がとても美しい。
茶道やなんかに通じるものを感じました、日本の伝統美というか。

身内の葬儀の時を思い出し、ちょっと目頭熱くなったけど
思ったほど泣かなかった。

というか、なんせ同行者が7人!もいたので
泣くに泣けなかったと言うか・・・
ひとりだったら、号泣してたハズです。(汗

観る人の年齢や経験によって、いろいろ感じ方が違うでしょうね。
もっと年を重ねてから、また観てみたいと思える作品でした。

こっちの日本人友達も
おくりびと見たいって言ってた

私は全然興味ないんだけど
◆ ムロチン :
まぁ、そんなこと言わずに観てみるがいいですよe-284
賞をとるのも頷ける観やすい映画だよー。
トルコでも上映されるのかな?e-226
管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。